シンプルライフplus

ヒプノセラピスト木戸結祈子のオフィシャルブログです。「いつもちょっとだけイイ気分でいること」を心がけています。シンプルに生きる方法とメンタルヒーリングについて書いています。

暮らし

【超シンプル片付け術】一生、ちらからない部屋の作り方

2017/05/09

【超シンプル片付け術】一生、ちらからない部屋の作り方

スポンサードリンク


収納カウンセラー飯田久恵さんの
「一生、散らからない部屋の法則」を読みました。
勉強になったことをシェアするね💗

モノの定位置を決める

モノの定位置を決めて、使ったらそこに戻す。
これは、「聞いた事があるぞ」っと思いました。

 

散らかるというのは、定位置がないからで、
モノの定位置を決めて、使ったら定位置に戻すと、
わざわざ片付けなくても良いとのこと。

 

ただ、この「戻すのが面倒💦」という気持ちをどうするか?です。

 

出し入れをラク!にする

出し入れを楽にするという事が、大切!と筆者は言います。

 

出し入れさえ、簡単にさえできれば、

 

面倒じゃなので、
スイスイ定位置に戻せるというのです。

 

例えば、薬箱

例えば薬箱が、クローゼットの中の
赤十字のプラスチックケースに入っていたとします。

 

1.クローゼットのドアを開ける。
2.それを持ってくる。
3.蓋を開ける。
4.取り出す。
5.蓋を閉じる。
6.元の場所に置いて
7.クローゼットに戻す。

 

アクションが多い

 

人は、たった1アクション増えただけでも
面倒になる…そうです

 

わかる('_')

 

もし、薬箱をやめて
引き出しに間仕切りを作って収納すると、
引き出しをひくだけなので、
使い終わって残りを戻しても2アクション。

 

とても取り出しやすく、仕舞いやすい。
ベストな状況になります。

 

良い収納とは、
アクション数が少ないこと。

 

薬箱のように、
たまにしか使わないものなら、まだどうにかやれる。

 

ただ、
毎日使うものは、
極力アクションが少ない方が使い易いと感じました。

お洋服も…

経験ありませんか?

 

買い物から帰ってきてすぐ
コートをハンガーにかけるのが、とても面倒です。

 

それよりも、お肉やお魚を冷蔵庫に入れたい。

 

そんな時、
バッグを、階段や床に置いてしまえば
階段を横切る時「あぁ――邪魔!」となります。

わたしの対処法は?

わたしの対処法は、

 

・バッグは、定位置を決めて置き場所を作る。
帰ってきたらそこに置く。

 

脱いだコート、今は2アクション。
1.クローゼットを開けて、2.ハンガーにかけてる。
それを、1アクションにしたい✨

今後は、ハンガーなしで、かけられる場所を作る。

…すると、今の面倒臭さから解放されます。

 

アクションを極力少なくして、
指定席に戻してやるのが、
飯田久恵さんの目指すところ。

 

一生散らからない部屋を作る法則なのでした♪
つづく💗

スポンサードリンク

 

 

→初めての方へのメッセージ

→著者プロフィール

→引き寄せの法則【お金のブロック解除9】お金を引き寄せる『最良の言葉』と『思いの波動』とは?

→【嫌われる勇気?】対人関係が激変する心理学。私も都合の良い人やめました。

スポンサードリンク

アドセンス

-暮らし

読んでほしいおすすめの記事です

1
魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと

魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと 目次1 魅力に逆ら ...

2
【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!

【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!   お ...

3
断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの

断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの   私は洗濯機も使うし、 ...

4
スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作り方

スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作 ...