自分磨き

「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」を読んでいます

2019/02/07

「エドガー・ケイシーが教えてくれた美しく生まれ変わるレシピ」を読んでいます。

スポンサードリンク

美しく生まれ変わろう!

 

いつまでも若く美しくありたい女性必見です。

 

リーディングで有名なエドガーケイシーは、ご飯もリーディングしましたΣ(゚Д゚)
エドガーケイシー

 

体に良くて、美しくなるご飯とは、どんなご飯なんでしょう?

 

肌の細胞は、28日で生まれ変わると言います。
食べ物は、その細胞を作っています。

 

いつまでも、
昨日の私じゃありませんよ。

 

細胞が違うんですから。

 

最近、「食事を大切にしたい」と思っていたにも関わらず、

 

野菜をサボっていたのを反省し、
慌てて果物と野菜を食べています。

アルカリ性が8割(゜゜)~

ケイシーおススメの黄金比は、

 

アルカリ性8割、酸性2割」の食事です。

 

アルカリ性は、
野菜と果物🍊

 

酸性は、穀類芋類などの
炭水化物🍚と肉類🍖などのタンパク質となります。

 

トマトは、枝で熟したものか、🍅完熟トマトの缶詰を
*熟す前に収穫されて収穫後に赤くなったトマトは、食べちゃいけません

 

地上の野菜3に対して、
地下の野菜1の割合。

 

ただし、湿疹や肌荒れのある人は、
ナス科の野菜を避けること

 

*ナス科:
トマト、なす、ジャガイモ、ピーマン、パプリカ、トウガラシ

 

*乳製品と柑橘類を同じ食事で食べない。

 

*りんごは火を通して食べる。

ご飯の食べ方

*種類の違う穀類を混ぜて食べない。

 

ということは、
ご飯に押し麦を入れた、押し麦ごはんは×。

 

麦は麦で食べる。

 

米は米で食べる。

 

ラーメン定食は×、
カレーライスの芋は×。

 

バターコーンとご飯は別別に…という事になります。

 

・・・昨日のカレー、

 

少し迷って、
やっぱり、じゃが芋を入れました。

 

じゃが芋のないカレーなんて('_')寂しすぎる。

 

じゃが芋を入れた代わりに、…と言っちゃなんですが、
よく噛んで食べました。

 

消化器官に優しい食べ方=「美」なのです。

ケイシーも、なぜ、穀物を限定するかというと、
「消化の仕方が違うから」だそうです。

 

ということは、

 

よく噛んで食べることは、
消化吸収を助けるだけじゃなく、美しくなる?!

 

そして、揚げ物は注意。極力控えること。
特に病気回復途上の人は、揚げ物を食べちゃいけません。

 

そういえば、病院食で、揚げ物を見たことがありません。

 

若く美しくいたい人の、今日のまとめ

野菜と果物をいっぱい食べる。
・タンパク質と炭水化物は、少なめにする。
・皮膚疾患がある人は、ナス科を避ける。
トマトは枝で熟したものか、完熟トマト缶にする
収穫後に赤くなったトマトは体に悪い。)
穀類は1種類を食べる。
・揚げ物は控える。
かんきつ類と穀物や乳製品は一緒に食べない。
リンゴは加熱して食べる。

 

↑いっぱいありますねーーー💦!

 

でも、上手に取り入れて
(全部じゃなくても)
綺麗になりましょ。

 

スポンサードリンク

アドセンス

-自分磨き