シンプルライフplus

ヒプノセラピスト木戸結祈子のオフィシャルブログです。「いつもちょっとだけイイ気分でいること」を心がけています。シンプルに生きる方法とメンタルヒーリングについて書いています。

日記

コンクールって、否定にフォーカス?!

2017/06/05

「結果が必要じゃない時期もある」
熱くなっていた頃は、気づかなかったけど、今はそう思います。

スポンサードリンク

コンクールって…否定にフォーカス?!

ピアノのコンクールがありました。

 

巷にある数多くのコンクールというのは、
100点満点から、
ダメなところを減点していくそうで。。。

 

レッスンでは、欠点を、
一つ一つ、つぶしていきました。

 

ひとつも悪いところはない状態で、出ました。

 

当日は
欠点がありませんでした。

 

でも、
魅力もありませんでした。

スポンサードリンク

否定のエネルギーの行方

 

よく言う「遅刻しないでください」は、
遅刻にフォーカスしているので、遅刻する人が多いんです。

 

「ピンクの像を想像しないでください」と言うと
誰もがピンクの像を想像するでしょう。

 

しないでしないで言うと、
その方へエネルギーが向かう。

 

「不祥事を起こさないで起こさないで」言うと、
そこへ向かう。

 

ピンクの像を想像するのと同じです。

 

あの日。

 

先生は泣いて、

 

コンクールで大敗した娘と私は、
無言で逃げるように会場を立ち去った。

 

今思うと、
あれはあれで、良かったかもしれない。

 

舞台度胸もついたし。

 

未来にフォーカス?!

その頃の彼女は、

 

「もっと楽しむ」

 

「基礎をみっちりやる」

 

そこに、注力させられました。

 

親としては、結果が出ないので、
辛いんですけど。

 

本人も非常に辛い💦

 

でも、

 

ゆるくて楽しめたから、
続けられました。

 

一生懸命、基礎をやったから、
今とても有利です。

 

あの時、
ちゃんと結果を出した人たちは、
続けることを辞めました。

 

「どうして私は、ピアノをしなくちゃいけないの?」
「いつになったら辞めていいの?」

 

じっと見つめて、
そう聞いた彼女だけが、続けています。

 

「革命弾けるようになったら。
ピアノが大好きになったら。

 

辞めていいよ」

 

高校生の時は、
「まだ革命は弾きたくない」と言いました。

 

やっと…大学生になって
「革命」弾いています。

 

「辞めていいよ」と私が言った後に、
彼女が言い放った言葉を思い出しました。

 

「大好きになったら辞められないじゃん!」

 

あの時、結果を出さなかった日々が
必要だったのかもしれない。

 

否定があって、肯定がある。

 

「ある」ために、
「ない」が必要だったんじゃないかって、思います。

 

否定があって、肯定がある。「ない」は、「ある」ための序章

スポンサードリンク

アドセンス

-日記

読んでほしいおすすめの記事です

1
魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと

魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと 目次1 魅力に逆ら ...

2
【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!

【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!   お ...

3
断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの

断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの   私は洗濯機も使うし、 ...

4
スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作り方

スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作 ...