シンプルライフplus

ヒプノセラピスト木戸結祈子のオフィシャルブログです。「いつもちょっとだけイイ気分でいること」を心がけています。シンプルに生きる方法とメンタルヒーリングについて書いています。

潜在意識

誰かを許すことは、自分を許すこと

2017/06/04

誰かを許すことは、自分を許すこと

スポンサードリンク

例えば、
前世から持ち越した課題が、
「非常に苦しい」場合があります。

 

苦しくて苦しくて、たまらない。

 

でも、心の片隅で、
願っていたのです。

 

「この関係に終止符を打ちたい」

 

終止符の意味は、
決別するのではなく、
愛することです。

 

2016年6月、

 

東京に行くべきか、実家に戻るべきか
悩みに悩んだ日々。

 

2度と帰りたくない場所が実家でした。

 

顕在意識が、拒絶しまくっているのに
潜在意識が、実家に戻ることを望んでいました。

 

これは、不思議な感覚で、
否応なく行かされるという感じ。

 

確かに、思っていました。

 

親を「幸せにして、見送ってやりたい」と。

 

あの時の気持ちをひとことで言うと、
腹をくくった」という表現が当てはまります。

 

ただ、不安もありました。

 

こんな実家で、この先、
どうやって暮らしていくんだろう?

 

気が付くと、雑巾バケツを片手に
実家の2階を掃除していました。

 

案外、覚悟は出来ていたのかも。

 

「自分は磁石」と思って、
「磁石」になりきって、
ちいさな楽しい事を見つけて暮らす覚悟です。

 

そんな実家でも、住んでみると
楽しいと思う事は、たくさんありました。

 

お風呂に入っている時や、
本を読んでいる時もそうです。

 

美味しいものを食べている時も、幸せでした。

 

その感覚を、継続することにしました。

 

楽しいと思う事は大事。

 

それ以外に大事なことはひとつもない。

 

幸福感は、更なる幸福感を呼ぶと
ちゃんと知っていました。

 

それを、ひとつひとつ実践しました。

 

ただ、ただ、
小さな「楽しい事」を見つけて暮らす。

 

そんな暮らし。

 

雨が止んで、
外の空気が綺麗な日は、思いっきり歩いたり。

 

夕陽が暖かい日は、夕陽の中を買い物に行ったり。

 

あの頃は、
それしか出口がなかったのです。

 

今は、父が敏感体質だと解ります。
周りの怒りにも同調しやすく、
人の感情に対してもセンシティブ。

 

私の気持ちもすぐ伝わります。
私の父ですから。

 

だからこそ、
お酒を飲む度に、
目つきが変わるのです。

 

だからといって、
避けても居られません。

 

自分のためです。
楽しい事を探すのが、出口だから。

 

彼を、天使だと思う事にしました。

 

天使なので、
優しくしなくちゃいけません。

 

天使は、よく間違いました。

 

そんな時は、
天使のプライドを傷つけないように、

 

そっと注意をしたり、

 

天使が病んでいるなら、
手を取って、

 

自尊感情をアップさせる。

 

心理療法を試みたりする。

 

すると、一朝一夕とはいかないけれど、

 

時間とともに、

 

偽物の天使は、「本物の天使」になろうとしました。

 

これは、感動しました。

 

この広い宇宙には
最善の解決策が用意されていたのです。

 

それは、

 

「許す」ことでした。

 

許してください。
あなたの中で一番苦手な人を。

 

すると自分が一番幸せになれます。

 

「誰かを許すことは、自分を許すこと」だったのです。

スポンサードリンク

【プロフィール】このブログの著者の自己紹介です。

アドセンス

-潜在意識

読んでほしいおすすめの記事です

1
魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと

魅力的な人ってどんな人?モテるために必要な、たった一つのこと 目次1 魅力に逆ら ...

2
【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!

【正負の法則】美輪明宏さんの「正負の法則」は本当に怖いのか?!   お ...

3
断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの

断捨離して良いもの、断捨離してはいけないもの   私は洗濯機も使うし、 ...

4
スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作り方

スピ系ミニマリストが実践している!スペースクリアリングの方法!気持ち良い部屋の作 ...