引き寄せの法則

引き寄せの法則で良い部屋を見つけるには?

2019/02/10

スポンサードリンク

家さがし

2月からずっと部屋を探していました。
ところが
グランドピアノ演奏可の賃貸物件は、
なかなか見つかりませんでした。

 

 

雪が解けてやっと1件だけ、
ピアノ演奏可のマンションを見つけました。
ここなら「新しく始められる!」そう思えた部屋でした。
家賃が高額で広さにも迷いがあったので、
神社に寄って帰りました。

IMG_0651

おみくじの最初の一文は
神様からのメッセージです。
(*15時過ぎると幽魔の刻に入ります。
15時過ぎたら神社には行かない事。)

 

「今でなく後の方が良い。支出大。」のような文面。

 

確かに広く、家賃も高く、
神様が背中を押してくれるようには思えませんでした。

 

その頃からピアノが置ける物件を諦め、
実家に置かせてもらう事を考え始めていました。

IMG_0468

ネガティブとポジティブで揺れる

遅くとも6月上旬に部屋を決めて、
中旬に引っ越し、
下旬にハウスクリーニングを入れれば、
7月に新しいオーナーの入居。

 

このスケジュールを守らなくては、
あちこちに迷惑がかかると、
再三、夫に言われていました。

 

ですが、どこの不動産をあたっても
家はなかなか決まりませんでした。

 

我が家とは比べようもなく。
木のぬくもり、景色…、覚悟が揺らぎます。

 

けれど、後戻りはできません。

引き寄せの法則は、担当者にも及ぶ!

どこでも良いから決めなくてはいけない。
そんな日が刻々と迫っていました。

 

今日!決めなくては後がない日に
いつも親切に対応してくれていた
不動産会社の担当者が
「体調不良で休みをとった」と、連絡を受けたのです。

 

どうしたらいいのぉ~?!

 

途方に暮れて
普段なら素通りする
別な不動産屋さんに立ち寄りました。

 

もう、ピアノが置ける物件は諦めていました。

 

「広めの1LDKを探しています!」

「娘と二人で住みます!」

「駅近で2階以上が希望です!」

 

条件に迷いはありませんでした。

 

その日、2件見せてもらった1件に決めました。
窓から美しい神宮の森が見えました。

IMG_0030

幸福感

その日は今までと全てが違っていました。

 

何が違っていたかというと
それは「幸福感」でした。

 

私はその日、
前日にやりきったコンサートの達成感と
幸福感に満ちていたのです。

 

良い物件を引き寄せるには、
「幸福感」が必要だったのです。

 

そして

 

今までの私は?…というと
幸福感どころか、
不安で不安で、
これからのこと
暮らしのこと
仕事のこと
いったいどうなるんだろう?と途方に暮れていました。

 

ずっと頼りにしていた担当者は、
不安な私が引き寄せた「類友」であったのだと
今はわかります。

500IMAG0415_edited

 

悲しみや不安の中では、
決して良い物件は引き寄せられないという事を
教えてくれた出来事でした。

 

今、玄関を開けると広大な森と公園があり、
神宮があり、
清々しい環境の中で暮らしています。

 

スポンサードリンク

アドセンス

-引き寄せの法則

読んでほしいおすすめの記事です

1
悲しみの記憶を思い出すと…愛でした。

キドユキコです。 こんばんは。 スポンサードリンク 物事は自分の経験フィルターを ...

2
「お金を引き寄せる体質になる」エネルギーの整え方。

お金を引き寄せられない体のままで良いんですか? スポンサードリンク 先日もチャク ...