シンプルライフplus

キドユキコのオフィシャルブログです。いつもちょっとだけいい気分でいられる方法、良いことだけを引き寄せるヒントをお伝えしています。

私が思うこと

昔、娘の事で 泣いて謝りに行ったことを思い出したので、 その事を書いてみようと思います。

2019/02/07

おろしたてのランドセルの上に
交通安全の黄色いラベル。
新一年生になったばかりの娘と、

 

私に

 

クラスメートのお母さんから電話がありました。

 

帰り道で
トラブルがあったそうです。

 

大変お怒りでした。

 

怪我をさせたのではなかったのですが、
心理的なダメージを受けて
お嬢さんが
泣いて家に入って来たとのことでした。

 

涙の原因は娘の言動。

 

ふたりで菓子折りを持って
謝りに行きました。

 

私も泣いて、
娘も泣いて。

 

ですが、
後になって
よ~く考えて見ると

 

娘は3月生まれ。
つい先月6歳になったばかりの幼さで
電話口で伝えられた内容は
とても大人びたやり口だったのです。

 

大人の解釈や感情が加わって、
問題の本質からズレてはいないだろうか?

 

幼い子供の
些細な喧嘩ではないだろうか?

 

今なら冷静になれますがその時は、
頭が真っ白でした。

 

更なるモヤモヤの原因は、
まったく別の件で
その子がついた「嘘」です。

 

2つの出来事と
食い違うふたりの主張。
嘘と違和感。

 

若い私は、迷惑をかけてしまったという負い目ばかりで
「自分を一番大切にする」という
本当に大事なことを娘に伝えませんでした。

 

「もし時間が戻せるとしたらどうしたい?」
自分に問いかける度に

 

「娘の主張だけを信じたい!」

 

「娘を尊重してやりたい!」
という答えが返って来ます。

 

子供同士の関係は
一時的には元に戻りましたが、
後々は存在を避け
親も子も挨拶さえしなくなりました。

 

私は娘に
「泣いて謝っている姿」を見せてしまい、
ちょうど潜在意識にインプットされやすい大切な時期に

 

一番大切なことを
教えてやれなかった母でした。

 

今となっては、
真実はどちらでもかまいませんが

 

あの頃の私は
良し悪しのジャッジが盛んで、
「あれはいい」「これは悪い」と、
そうした自分の高慢さを
彼ら親子を使って見せられたのだと思います。

 

裁いていたから、同じ理由で裁かれたのです。

 

すれば、される。

 

相手の言い分だけを尊重して
「100%娘を信じてやれなかった」
という後悔だけが、
今もくすぶり続けています。

スポンサードリンク

アドセンス

-私が思うこと

読んでほしいおすすめの記事です

1
自分の欠点を誇張した人が現れるとき

あの人「嫌い」「苦手」 会う度にムカムカする人はいませんか?   &n ...

2
悲しみの記憶を思い出すと…愛でした。

キドユキコです。 こんばんは。 スポンサードリンク 物事は自分の経験フィルターを ...

3
「お金を引き寄せる体質になる」エネルギーの整え方。

お金を引き寄せられない体のままで良いんですか? スポンサードリンク 先日もチャク ...

4
私に無理強いしないで!

私の母は重度の痴呆症です。 でも本人は「普通」と思っています。   & ...

5
潜在意識の中に隠されていた秘密。アレルギーとネコとの悲しい記憶。

今日は、ネコと祖母の悲しいお話です。     子供の頃、 ネ ...