シンプルライフplus

潜在意識はお任せ!キドユキコのオフィシャルブログです。マインドリセットの方法、良いことだけを引き寄せるヒント。

私が思うこと

「ない」は、「ある」ために必要なんだよ

2019/02/06

スポンサードリンク

お菓子に翻弄された女性の話

前世リーディングより

かつて、
恵まれた家の長女として
誕生した女性がいました。

 

お菓子のない時代に、
お菓子を食べられる環境にあった人。

 

でも、いつでもそこにあると、
不思議な事に、

 

「あっても、そんなに嬉しくない」彼女は、そう感じていました。

 

「お菓子しかないの?」なんてことも
平気で言ったかもしれない

 

今世で、彼女はアレルギーで
ケーキが食べられません。

 

先に「ある」を経験して、
後で、「食べられない」を経験しているパターンです。

 

彼女は、いつかケーキを食べられる日を夢見ています。
それは必ず叶います。
(この話の続きは次の機会に💗)

あたしンちの夕張メロンの話

幼い頃、父の仕事がらみで、
夏になると、たくさんの夕張メロンがある生活をしていました

 

家に夕張メロンが、あって当然。

 

私「おやつは?」
母「メロン食べなさい」
私「ヤダ。メロンじゃないものがいい。」

 

メロンの有難みが全然わかりませんでした。
ただただ夏はメロン臭い…と思っていました。

 

大人になって、大病院の跡取り息子が、
熱く夕張メロンを語っているのを聞きました。

 

その時も
なんのこっちゃろ???と思いました。

 

でも、ある日のこと。

 

はじめて三越デパートで、
夕張メロンを得意先に送る手配をして、驚愕しました。

 

高っ!!!

 

ずっと「ある」しか知らなくて
有難みも解らなかったのです。

 

やっと、その価値を知りました。

 

某野球チームの選手が来ると、
夕張メロンを買い占めるという噂さえ飛び交う…美味しいメロン。

 

といっても札幌は、
熟れた夕張メロンを、とても安く手に入れることが出来ます。

スポンサードリンク

否定があって肯定がある

片方だけじゃ駄目なんです。

 

では、モノじゃなくて
思いはどうなんでしょう?

 

「得した」と思うには、
「損を知る」必要があります。

 

損しないと、
得するって何の事だかサッパリ解らないからです。

 

「得したい」と思っている人は、
「損すること」も学ぶのです。

 

それを拒否していると、
得する事も出来ないし、なにも動かない。

 

では、
健康を知るには?

 

健康じゃないことも必要です。

 

健康がいったい何か?サッパリ解らないから。

 

「やりたくない方を受け入れる覚悟が出来たら、
もう片方が付いてくる」と心屋仁之助さんの本に書かれていました。

 

でもね、私は、思ったのです。

 

あなたが既に、
もう片方を受け取っているとしたら???

 

頑張っても頑張っても評価されなくて、
泣いたあの日。

 

評価されるには、
評価されないことが必要でした。

 

愛されなくて、消えてしまいたい
そう思ったあの日。

 

愛されるには、
愛されない日々が必要でした。

 

これからの生活に対する恐怖と戦ったあの日、
金銭的な不安。

 

豊かになるには、
豊かじゃない時間も必要でした。

 

あなたに両面を教えたくて、起こっています。

 

「あるのが普通でつまんないわ~!」じゃなくて
「あると嬉しい!!最高!!幸せ!!」を感じてもらいたくて、「ない」が先に来ました。

 

だから、怖がらなくていいんです。

 

ただの法則なのです

 

否定があって、肯定がある。

 

もう、あちらでは
95%の「ない」が終わろうとしています。
ある」がそろそろ出動の準備を始めています。

 

後は、あなたの準備が整っているかどうかです。

 

ある」を受け入れる準備は、出来ていますか?

スポンサードリンク

アドセンス

-私が思うこと

読んでほしいおすすめの記事です

1
自分の欠点を誇張した人が現れるとき

あの人「嫌い」「苦手」 会う度にムカムカする人はいませんか?   &n ...

2
悲しみの記憶を思い出すと…愛でした。

キドユキコです。 こんばんは。 スポンサードリンク 物事は自分の経験フィルターを ...

3
「お金を引き寄せる体質になる」エネルギーの整え方。

お金を引き寄せられない体のままで良いんですか? スポンサードリンク 先日もチャク ...

4
私に無理強いしないで!

私の母は重度の痴呆症です。 でも本人は「普通」と思っています。   & ...

5
潜在意識の中に隠されていた秘密。アレルギーとネコとの悲しい記憶。

今日は、ネコと祖母の悲しいお話です。     子供の頃、 ネ ...