私が思うこと

自分を縛っていたのは私

2019/02/11

キドユキコです。
こんばんは。

スポンサードリンク

9月の地震からもうすぐ2か月。
もう2か月。。。

 

 

 

あの時…

 

 

 

電気がない
食べ物もない
父と母が同時に入院と
ありえない状況でも
平静で居たつもりでした。

 

 

 

でも、今振り返ると
私あの時
相当イライラしてたようです。

 

 

 

隣の家まで電気が来てるのに
うちには来ない!って思って落胆したし

 

 

 

中央区は電気がすぐ戻ったと聞いて
中央区を引っ越した私は、
お友達が羨ましかったし

 

 

 

母が真っ暗なトイレに行くと
何度もドキドキ
心配したし

 

 

 

夜は、
ガスで朝炊いた冷たいご飯を
我慢して食べてました。

 

 

 

Facebookから
はしゃいだ動画が流れてくると
「なんだおまいら(-_-)…」と思いました。

 

 

 

これは、
「人が大変な時に楽しい動画をアップさせるべきじゃない」
という私の価値観なのですが
その時は気づかずに

 

 

 

「あったりまえでしょー!」と思ってました。

 

 

 

そして
その投稿した人のことを
嫌いになりました。

 

 

 

けれども

 

 

 

「ユキコさん、それは自分自身を縛ってますよー。」
その気持ちは、
どこかで誰かが苦しい時
「楽しいことしちゃいけない」っていう価値観で
自分にも自由に楽しむことを許してない
…ってことです。

 

 

 

とお友達に指摘されたのです。

 

 

 

素直なユキコは
すぐに
目を覚ましました!!

 

 

 

そして
地震以外の事でも
誰だって苦しい時もあれば嬉しい時もあって
人の都合に合わせて

 

 

 

楽しいのを我慢しなくて良い!!

 

 

 

だって、
そんなこと言ってたら
どこかで必ず
色々あるはずだから!!

 

 

 

私を縛っていた
その価値観…
当たり前じゃなかった!のです。

 

 

 

人はそれぞれ
精いっぱい生きていて
自分が楽しい時、
楽しんでも良いのです。

 

 

 

Facebookで
「私は楽しいよーっ!」て
はしゃいでも良いのです。

 

 

 

自分が大変な時、
被害者意識満タンの時、
誰かが楽しくても喜んであげられない時、

 

 

 

自分の中に
「素直に楽しんじゃいけない」
っていうブロックがあって
自分を縛ってるんです。

 

 

 

気づかせてくれて有難う💕

 

 

 

その友達がね^^
「ひもときセッション」を始めました。

 

 

 

音叉のセラピストですが、
英会話教室もやっています。

 

 

 

現実で起こることと
精神世界との謎解きがスゴイです!
頼りになります。

 

 

 

↓モニター募集中だそうです。

京ちゃんのブログはこちら

 

アドセンス

-私が思うこと