シンプルライフplus

キドユキコのオフィシャルブログです。いつもちょっとだけいい気分でいられる方法、良いことだけを引き寄せるヒントをお伝えしています。

私が思うこと

「贅沢しちゃいけません」の謎

2019/02/20

贅沢って…何だろうね?

スポンサードリンク

「贅沢しちゃいけません!!」って

 

小さい時から、
お母さんに言われ続けたので

 

いっぱいお勉強して、
いっぱいお給料が貰えるようになっても

 

 

「贅沢は悪」って潜在意識が
思っている人がいます。

 

 

ある時「車を買おう」
と思っても

 

お母さんの教えは、
潜在意識を縛っています。
そのことになかなか気付きません。

 

お母さんも、
子供の幸せを願って言い続けた言葉です。

 

車は、国産車の最高級を選びました。

 

お給料にふさわしく、
とても気に入っています。

 

でも、なぜか?
外車に乗ってる友達を見ると
イライラします。

 

ベンツに乗ってる同僚が嫌いです。

 

なぜ、イライラするのか?
なぜ、ベンツ乗ってる人を嫌いなのか?

 

それは、
自分と同じ価値観を持っていないから
、です。

 

自分が「しちゃいけません」という
教えを守っているのに、
ツラッとやっているから。

 

または

 

「自分もそうしたい!」のを
我慢しているから。

 

お母さんの価値観に縛られて、
イライラの波動を出し続けています

 

私にも
おかしな価値観があります。

 

今日、
私が長年大事に握っていた価値観を
コッソリ手放しました。

 

私の中で飛行機のシート、
ファーストは「悪」
ビジネスは「善」という価値観がありました。

 

なぜ物差しを
ビジネスとファーストの間に置いていたのかは、

 

「謎」です。

 

どこからか聞こえるんです。私にも。
「贅沢しちゃいけません!」という声が!

 

いつの間にか私の気が付かないところで、
「贅沢」と「贅沢じゃない」境界線が出来ていて、

 

こっちは「良い」けど、あっちは「駄目」という
物差しがあったのです。

 

だけど、本日をもって、

 

「いっぱいいっぱいいっぱい稼いだら
ファースト乗ってもいいよー♪」と
自分に許可を出しました。

 

小説家の林真理子さんが
「ファーストクラスで、聖子ちゃんと会った」なんて話を聞くと
ビジネスで十分でしょ!と、イライラしてたんです。

 

でも、よく考えてみてん。

 

ファーストに乗るってことは、
飛行機会社の多くの社員のお給料になるんです。

 

社員だけでなく、社員の家族も潤すんです。

 

エコノミーだと
その恩恵を受ける社員や家族は、少ないかもしれない。

 

だったら、
いったい、
どっちが「悪」なんだろうね?

 

お金を使わないことが「善」?

 

お金を使うって、回すこと。
回すことは、「悪」?

 

贅沢って何だろう?

 

ファーストは駄目で、ビジネスはいいの?
ドイツ車は駄目で、国産車は?

 

「ファーストもビジネスも贅沢よ!いけません!」
「でも、エコノミーだったら贅沢じゃない」
…という人も居るかもしれない。

 

「エコノミーで旅行するのは贅沢じゃない!」って言いながら
しょっちゅう旅行に行く人は、贅沢?

 

ビジネスシートにこだわって、
たまにしか旅行しない人は?

 

ベンツも、
国産ガソリン車も贅沢。
だけど、軽自動車なら贅沢じゃない…って、言う人は?

 

これって、、、

どっちでもいいんじゃないでしょうかね?

 

多くを払える人は多くを払えばいい。

 

多くの人や会社を潤せるのだから。

 

それに、

 

1番良いのは、
「イライラの波動」と「怒り」から、
解放されること。

 

イライラしてる時間が勿体ない。

 

「贅沢しちゃいけません!」の価値観に縛られて
物差しで、誰かを裁いている時間が勿体ない。

 

贅沢は、
ただの価値観で「悪」じゃない。

 

どうか自分を許してあげて💙

 

スポンサードリンク

アドセンス

-私が思うこと

読んでほしいおすすめの記事です

1
自分の欠点を誇張した人が現れるとき

あの人「嫌い」「苦手」 会う度にムカムカする人はいませんか?   &n ...

2
悲しみの記憶を思い出すと…愛でした。

キドユキコです。 こんばんは。 スポンサードリンク 物事は自分の経験フィルターを ...

3
「お金を引き寄せる体質になる」エネルギーの整え方。

お金を引き寄せられない体のままで良いんですか? スポンサードリンク 先日もチャク ...

4
私に無理強いしないで!

私の母は重度の痴呆症です。 でも本人は「普通」と思っています。   & ...

5
潜在意識の中に隠されていた秘密。アレルギーとネコとの悲しい記憶。

今日は、ネコと祖母の悲しいお話です。     子供の頃、 ネ ...