シンプルライフplus

キドユキコのオフィシャルブログです。いつもちょっとだけいい気分でいられる方法、良いことだけを引き寄せるヒントをお伝えしています。

書評

【書評】心屋仁之助著「望んでいるものが手に入らない本当の理由」なぜ、急に仕事も人間関係もうまく回りだしたのか?

2019/02/06

【書評】心屋仁之助著「望んでいるものが手に入らない本当の理由」を読みました。

スポンサードリンク

損する覚悟

良い本だったので💗ご紹介します。

 

もし…
「利回り良い投資をしたい」と思ったとします。

 

リスクの覚悟…しますよね。
覚悟しなければ、低金利のままです。

まだ望んだものが手に入っていないとしたら、
リスクを怖がっているから。

 

欲しいものと、欲しくないものは、

 

セットなので、

 

片方を拒否すると、もう片方も手に入らないんです。

 

お金の表と裏、
表だけ欲しいって思っても無理です。

 

もし損したくない自分に気が付いたら
損する自分を受け入れてみよう。

 

恋人が欲しいのに出来ない…そこのあなた!

 

はい!

 

なぜでしょう?
別れが怖い。失恋したくない。

 

リスクを、拒否してるからです。

 

「評価されたい」と思っているのに
まだ評価されていない💗あなた!

 

失敗が怖い。カッコ悪いことをしたくない。

 

もう片方を、拒否しています。

心のメンテナンス

・自分の長所をあえて悪く言ってみる。

・自分の短所をあえて良く言ってみる。

 

すると、
長所は短所にもなるし、
短所は長所にもなる事に気が付きます。

 

・過去に言われた悪口を受け入れてみる。

 

悪口は、
「その時、相手にとってそう見えた」だけ!だから

 

真実と違う。

 

でも、「私は、悪くない悪くない!」って言えば言うほど、
「いいや、お前が悪い!」「言い訳しようとして」「正当化するな!」が返って来るだけです。

こちらが引っ張ると、
同じ力であちらも、引っ張るんです。

 

だから、
「そうなんですね。そう思ったんですね。」と受け止めてみる。

 

「相手に、そう見えただけ」だから。

 

引っ張っていたこちらのエネルギーを緩めると、
相手のエネルギーも、小さくなっていきます。

褒め言葉も受け取る!

悪口も褒め言葉も両方受け取る。

 

褒められて、
とんでもありません!って言わないようにしよう。

 

素敵ですねって言われたら、
「ありがとう」って受け取る💗

 

だって「そう見えただけ^^」

 

良い事も、ちゃんと受け取る!

古いものを捨てて、新しいものを受け入れる!

結局のところ、
受け取るというのは、代わりの何かを捨てるという事なのです。

「損すると不幸になる」
「頑張らないと嫌われる」
「失敗は、恥ずかしいこと、駄目な事」

今まで信じて来た↑古い価値観を捨てて、
新しい価値観を手に入れてみる。

 

古い価値観の多くは、大人になる前に
親や周りの大人に擦り込まれたものだから

プラスとマイナスはセット

みんな、マイナスを怖がって、
できるだけマイナスを受け取らないで済むようにと
必死で生きている。

 

ああなったらどうしよう。
こうなったらどうしよう。

 

グダグダ、絶えず考えている。
その正体は怖れ。

 

現実で起きていないことを、恐れているのです。

 

でも、
プラスとマイナス、実はセットでした!

 

🌱上手く話そうとするのをやめたら、
面白いと言われるようになった。

🌱別れを受け入れたら、出会いがあった。

🌱嫌われることを受け入れたら、好かれた。

 

拒否してきたものを受け入れることは、
自分との戦いを終わらせることです。

両方を受け取れる覚悟が出来たら、気づきます。

 

結局
怖れるものは、何もなかったということ💗

 

 

これが出来たら、
愛情も豊かさもどんどん流れてくるのです。

 

心屋仁之助さんの本でした💗

スポンサードリンク

アドセンス

-書評

読んでほしいおすすめの記事です

1
自分の欠点を誇張した人が現れるとき

あの人「嫌い」「苦手」 会う度にムカムカする人はいませんか?   &n ...

2
悲しみの記憶を思い出すと…愛でした。

キドユキコです。 こんばんは。 スポンサードリンク 物事は自分の経験フィルターを ...

3
「お金を引き寄せる体質になる」エネルギーの整え方。

お金を引き寄せられない体のままで良いんですか? スポンサードリンク 先日もチャク ...

4
私に無理強いしないで!

私の母は重度の痴呆症です。 でも本人は「普通」と思っています。   & ...

5
潜在意識の中に隠されていた秘密。アレルギーとネコとの悲しい記憶。

今日は、ネコと祖母の悲しいお話です。     子供の頃、 ネ ...